マンセンドリ2

先日、遠洋漁業に出ていた船員さんと話す機会があった。
『マンセンドリ知っていますか?』

『知ってるよ!』と直ぐ返答。
『白くて、ハヤブサみたいな鳥だね!』と言う。

しかも、かなり沖で出会うとの事。
広い海原で、マンセンドリはどのようにして夜を過ごすのだろう??

海に浮かんで寝るのだろうか???

アフリカなどに近くなると、ワシやフクロウも
よく見かけるとの事。

ところ変れば・・・凄い事が当たり前なのネ~~~

早々、今日のニュースで名古屋のビル街に
フクロウが出たとの事で、みんなが携帯で写真を撮っていた。

フクロウは、のんびり目を閉じて気にする様子も無い。
やはりところ変れば???

山科鳥類研究所に寄れば、人に飼われていたのではないか?との事。
フクロウって、飼えるの???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月15日 10:33
ふくろうは飼えますよ。
特に、ふくろうの類は止まり木を変えない限り同じところにとまるので、止まり木の下に新聞紙をおいとけば簡単に飼えるみたいですよ。
うちの実家でも傷ついたふくろうを飼っていたことがありました。
GEM
2006年06月15日 12:21
前回のマンセンドリとは別の種類のようですね。
>クチバシはねずみ色で羽が黒い。
>白線があり、尾が長い。
>カモメもより大きく、飛翔がすばやい。
>良く、他の鳥の獲物を横取りするとの事。
謎が更に深まりました。
GEM
2006年06月15日 12:24
「飼える」というのは難しい言葉ですね。
技術的に可能か、という意味ならば可能です。
法的に可能か、という意味ならば不可能です。
mayami
2006年06月15日 17:14
elfinさん、フクロウって本当に愛されるトりですよね。縫いぐるみや置物で一番多いのがフクロウですよね。そんな鳥が近くで見られたら、幸せですね。
mayami
2006年06月15日 17:34
GEMさん、こんにちは♪
そうなんです。証言が違いすぎるので戸惑っています。白い部分が多いだけで白い鳥!などと表現するかもしれないので、今度は本を持って行って見てもらったほうが良さそうですね。謎解きしてるみたいで楽しいです(*^^*)
まぐぴ
2006年06月17日 21:12
白っぽいということは、オオミズナギドリの可能性もありかな。
mayami
2006年06月18日 19:31
どんな鳥なのか?!見てみたいですよね。
今後の野鳥の専門家の研究によりたいと結んでありました。まぐぴさん、今度は、海上が待ってます♪是非とも解明をお願いしますm(__)m

この記事へのトラックバック