伊豆沼

伊豆沼に異変が起きようとしていることについては
前にも書きましたが・・・・・

その事でちょっと疑問。

若し、温泉掘削で考えられるような水質汚濁が
何年か何十年か後に起こったとして・・・

それは、今までもそうしてきたように
税金使って国がきれいにしていくのでしょうねぇ~???

それって、何だか変ですヨネ~~~

大体そうなった時は、原因もとの民間企業は無くなってるか
除去能力が無くなっているとかですものネ~~~

やっぱり仕方なく、国や県が多額の税金使って元に戻す作業になるんですヨネ~~

だったら、今の水質保持!で絶対、絶対、汚さない!!の
念書を書いてもらい、1ppmでも汚したら補償してもらう!などの
厳しい事をしないと、税金は垂れ流しになってしまうのでは???

等と、危惧するのは私だけでしょうか??

そんな税金が有ったら、もっともっと有意義な使い方をして欲しいですよね?!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

elfin
2006年03月11日 23:43
この間の記事も読んで思ったのですが、温泉水が入ったら・・・よりも、それに付随して出来る施設に来る利用客による汚染も考えなくてはいけないですね。。。私も、オジロワシがきているときに伊豆沼には行ったことがあります。雁がいっぱいいて・・・夕方ねぐらに変えるときに上空を飛んでいたのはすごかったです。
mayami
2006年03月12日 06:16
>利用客による汚染も
そうなんですよね~
出来たら、1,2年は盛況でしょうから。
雁行をお湯に入りながら見るとか・・・
楽しいこと、したい事を欲望のまましていったら
いつか雁行だって見られなくなりますものね。

やはり野に置けレンゲソウ
自然にあるものは、自然の中でこそ
輝きますもの。
寒い中で見るからこそ、感動もあるのに・・です。

この記事へのトラックバック